・基地&岩盤浴

夕方から摂津峡へ。家を出る前から水着とラッシュガードを着用、遊んだ後の着替え等も自分でサッサと用意をし、息子はスタンバイ

着替えを入れたビニール袋の口を力強く縛って「これで大丈夫」と私に言います(笑)

 

 

足元に栗が・・・木にザクロの実がなり、田畑の畔には彼岸花、ハチやトンボ、蝶々がとびかい、ウグイスやヒバリ、セミやヒグラシの鳴き声。「今日の基地はここ」らしく、川岸に基地が決まり、私は荷物を置いて基地の整備

 

敷物の下の川の石は丸く、寝転ぶと背中にフィット感。日が傾いて斜面の影になり、石は汗をかくほど熱くもなく、ジンワリと身体を温めてくれます

 

 

息子にとっての『基地』が私にとっては『天然岩盤浴?』

 

斜面の木々からヒンヤリ冷たい風が、ドライアイスのように漂いながら広がる感覚。色んな季節感の中、すぐそばで心地よい川の音

 

寝転ぶと空は真っ青。帽子を顔にのせてお昼寝?です