・東京

今回の目的は午後からの新年霊授会への参加です。来年はもっと広い会場になり

マスター以外の方も参加できるようになるそうです

 

土居先生はじめ、NPO現代レイキの会、役員さん、全国からの有志の皆さま、お世話になり、ありがとうございました

 


朝8時台に東京駅に着き、そのまま、臼井先生のところへご挨拶

 

開館5分前に到着。美術館の建物を眺めるのがメイン。2020年に閉館予定

 

原美術館からの帰り道に『翡翠原石館』小ぢんまりした建物だったので寄ってみました

 

スタッフの女性が石にライトをあてて説明をしてくださいます

 

想像以上に内容が濃く「そろそろ行かないと」と言ったのですが

 

聞こえなかったみたいで、ホットティーを出してくださいました

 

猫舌なんです~(>_<)

 

明治神宮は諦めました

 


国石?知りませんでした

 

翡翠の浴室

 

ケース入りの翡翠(特別なものにしか見えません)

 

こちら、ケースはありませんが、親近感はあるかも…

 


館長さんが中学生の時に掘った化石?や土器なども展示されていました

 

「なぜこんなところに翡翠のお風呂なんですか?」等の質問をしても

 

殆どのこたえが「館長の趣味なんです」だったのが面白かったです

 

幼い頃からの『石が好き』という真っすぐな気持ちに、理由や目的は、もしかしたらそれほど重要ではないのかもしれません

 

純粋で美しい感じがしました

 

館長さんにお会いしてみたかったです

 

 富士山も、美しい、、、