・つながり

たまに香りのお店に行って、自分の嗜好確認をしながら、様々なもので癒されています

あるお店で店員さんから「赤ワインと白ワインどちらを選ばれます?」「コーヒーと紅茶では?」「ラーメンでしたら」「え?ラーメンですか」さらに答えていくと、なにか決め手があったようで

 

「この香りはいかがでしょ」とひとつ渡され「食べ物から分かるんですか」

 

調香師さん、すごい

 

別のお店に行って、今、流行っているものも、とりあえずクンクンさせてもらいます。でも最終的にはいつも同じ系統のものに落ち着いて、ホッ

 

 

この先、状況に応じた柔軟性も必要かもしれませんが、すべてを変えなくてもいいはず

 

私の場合、香りはある意味バロメーターなので、今まで通りキープ

 

味覚や嗅覚、他の感覚や経験も複雑に繋がったり、影響し合って嗜好が成り立っているように感じます

 

 

そんな話しを小学校の頃からの友人に話してました

 

彼女が海外や東京、地方へ引っ越しをする小学生の途中約4年間はベッタリ充実した時間を過ごし

 

その後、しばらく間の空いた時期も何度かありました。今は数年に一度しか会いませんが長い付き合いになります

 

「え?まだ続いてるの?」と周りに言われても自分たち次第

 

彼女とは香りの好みも異なるし、標準語で話すし、英語ペラペラ、育った環境も全然違うし、他にも・・・今まで考えたことありませんでした

 

でも、みんな違う部分があって当たり前(笑)

 

 

彼女と共通してる部分は・・・

 

目には見えないけど、お互い、いい影響がある感じ

 

何かはハッキリ分からないけど(笑)

 

頭の中で色々と思考するより、そういう感覚も大切にしていきたいな