・『涼』

京都の街なかに『涼』と感じるものに意識を向けて、朝から散策してみることに(緊急事態宣言前)

外食は時間帯をずらして、空いているのを見越して一人で動きます

 

お店のテラス席の傍に白川

 

浅い川の流れがサラサラと清らか

 

店内の天井は吹抜け。軽快なジャズ♪が流れています

 

冷かけすだち蕎麦・鱧おとし梅肉添え

 

白川のせせらぎ、ジャズ、そして私が蕎麦をすする音^^;

 

・・・・・

 


東山をバックに日本庭園、飛石、扇子

 

緑と木かげ、風鈴、のれん

 

日本家屋の畳、障子、縁側、坪庭、ほどよい採光

 

・・・・・

 


『イカそうめん』ではありません。大きな氷入り『くずきり』

 

写真映え?

気にしません(*´▽`*)

 

京都祇園、四条通り沿いの甘味処

 

観光客に混じって、子供の頃からごくたまに来させていただいてます

 

初めて口にした時、両目をパチパチと瞬きさせながら感動

 

こちらのお店では同じものを注文。いまだに他のを食べたことがありません

 

店員さんに案内され、いつも席へ着く前に注文してしまいます

 

( *´艸`)早く食べたくって

 

「黒蜜で」それだけで通じます

 

・・・・・

 

三条通を歩いていると、お店の前に置かれた段ボールが目に入りました

 

紙には『何故か...どまん中に巣作り。そっと見守って下さい』と書かれていました。見上げると

 

そういうことね

 

『涼』を求めていましたが、身体の奥から、ほんわかと心地いいぬくもりが…

 


それは外から差し込む暑さとは別のもの

 

自分の内側から自然に湧いてくるもの

 

情報や周りの目より

 

自分の本心

 

まずはそこから…

になるのかな(^^)